ベアマーケットから脱却するために、Web 3.0ビルダーは何を重視すべきか?

Web3.0

すべての市場は循環しており、Web 3.0も例外ではありません。ここでは、次の強気市場に拍車をかけるために、コミュニティが取り組むべきことを説明します。

a16zの最近の2022 State of Crypto Reportで指摘されているように、暗号は歴史的に著者が「価格革新サイクル」と呼ぶものに沿ってきました。価格上昇の波は、価格が下落しても、長年の問題に対する斬新な解決策を開発する新しいビルダーを引き寄せます。

こうした新しいアプリケーションは、Web 3.0への関心を新たにし、ユーザーの波をもたらし、暗号通貨の価値を再び上昇させるのである。このように浮き沈みはあるものの、全体としては成長基調にある。

また、価格上昇に伴う誇大広告や高揚感が薄れ、真に革新的なプロトコルの開発に専念できるようになったことも明るい材料です。ICOブーム、DeFiサマー、NFTブームにつながった大きな進歩を思い出してみてください。

それぞれの大躍進の前には、想像力豊かな人々が袖をまくり上げ、仕事に打ち込んだ時期がありました。今、私たちはそのような局面にあります。次の強気市場に乗りたいなら、ビルダーが時間と才能を投資すべき4つの重要な分野を紹介しよう。

Web 3.0のユーザーエクスペリエンス(UX)の向上が必要

Web 3.0の最先端には、一般に技術に詳しく、未知のものを試そうとする「アーリーアダプター」が存在する。しかし、アーリーアダプターを魅了する機能や性能は、上級者でないユーザーをしばしば威嚇する。これが、Web 3.0の普及を妨げる参入障壁となる。

最大の参入障壁は、Web 3.0 に参加するために必要な技術的ハードルを克服することに基づいていることが多い。ユーザーは、プロトコルを操作するためにウォレットが必要です。トランザクションの送受信に使用されるアドレスは、数字と文字の長い文字列で構成されており、Web 2.0 のユーザー名とパスワードとはかけ離れている。

さらに、歴史的に銀行の管轄であった、自分の資産を預かるという負担を負うことは、大きな責任を伴う。もし、ユーザーが秘密鍵とシードフレーズを紛失した場合、カスタマーサポートに電話することはできません。その資金にアクセスすることはできません。

次の成功プロジェクトは、Web 3.0への参入に伴うこれらの技術的ハードルや不慣れなプロセスを簡素化することで、新規ユーザーの参入を容易にする方法を見出すでしょう。

Web3.0による金融サービスの拡大が必要

基本的な貸し借りは、伝統的な金融システムの中核的な柱であり、DeFi全体で複製されています。住宅ローン、自動車ローン、ビジネスローンなどの消費者金融サービスをDeFiに移行することで、貸し手は暗号資産を活用して流動性に応じた利息を得る機会が生まれます。

さらに、従来の銀行口座を持たない借り手も、暗号担保や適格性の証明に基づき、他の方法では利用できないローンを利用できるようになります。

とはいえ、TradFiをDeFiに持ち込むだけでは十分ではありません。世界のデフォルトの金融システムになるためには、DeFiはTradFiですでに遍在しているコア金融サービスを拡張し、人々や機関を分散型金融という新しい領域に引き込む必要があります。

そこで重要になるのが、なぜ分散化が重要なのかについての教育です。人々は、自分のお金を銀行に預けるのではなく、自分自身で金融の運命を所有し、コントロールすることの利点を理解する必要があるのです。

2008年の金融危機は、大多数の利益よりも自分たちの利益のために行動する少数の人々の手に権力と支配が集中したときに何が起こるかを示しています。暗号通貨の核となる価値は、企業ではなく人々の手に力を与え、自らの価値を所有し、コントロールできるようにすることです。

ビルダーはWeb 3.0のeコマース実現に注力すべき

Web 3.0は、巨大小売企業のEコマースに対する支配力を弱め、消費者に大きな意思決定力を与える可能性があります。この移行を促進するための重要な要素は、Web 3.0 の利点を、ユーザーがすでに Web 2.0 に期待するようになったルック、フィール、利便性とともに提供する、摩擦のないユーザー体験の実装にあります。

例えば、Web 2.0 の e-コマースの定番である「今すぐ購入、後払い」サービスなどの新しい融資オプションは、e-コマースにおける Web 3.0 の導入にさらに拍車をかけることになるでしょう。調査によると、チェックアウト時に「今すぐ購入、後払い」オプションを提供すると、従来のカード取引に比べてコンバージョン率が7%向上することが分かっています。

買い物客の注目を集めるもうひとつの方法は、分散型自律組織(DAO)を介したエンゲージメントです。ブランドやインフルエンサーがDAOを立ち上げ、顧客をコミュニティのメンバーにすることで、コンテストや新商品の機能、時には共有投資による収入源に関する意思決定権を付与する事例がますます増えてきています。

資本金をお探しですか?インフラを構築する

カリフォルニアのゴールドラッシュで30万人が一攫千金を狙って全米を駆け巡ったとき、最も儲けたのは鉱山労働者に機材を提供した商人、サミュエル・ブラナンだった。Web 3.0が弱気市場に突入している今、選りすぐりのVCはブランナンを見習って、インフラに投資を集中させている。

インフラ・プロジェクトとは、他者が構築できるプロジェクトであり、最近のMessariのレポートでは、そうしたプロジェクトが収益性を高める強い兆しを見せていることが指摘されている。驚くには値しない。インフラストラクチャーの分野では、魅力的なことが起きています。

新しいインフラは、恒久的なファイルストレージ、低コストのオンデマンドビデオやストリーミングビデオ、さらにはモノのインターネットを動かす分散型ワイヤレスネットワークなどを可能にしつつあります。これだけ新しいツールが揃っていれば、次に何が来るか誰にもわからないでしょう。

腕まくりをする時期

ベアマーケットは新しい現象ではなく、歴史が教えてくれる。その中には、インターネットの歴史も含まれています。1990年代後半の高揚感の後、2000年に技術バブルが崩壊したとき、それはインターネットの終わりではありませんでした。むしろ、ファンダメンタルズの悪いプロジェクトのノイズやナンセンスが濾過され、より強力な新世代のプロジェクトが出現したのです。

新しい波は、eコマースの改善、金融サービス提供の増加、インフラの強化、UXの改善などを特徴とするものでした。つまり、今がエキサイティングな瞬間なのです。歴史は雄牛と雌牛の入れ替わりに満ちており、この時期に出現した雄牛は、今後数十年にわたって日常生活に影響を与えるかもしれないのです。

今回の記事はこちらの記事を私が日本語訳したものです。

What Should Web 3.0 Builders Focus on To Emerge Stronger From the Bear Market? - The Daily Hodl
All markets are cyclical, and Web 3.0 is no exception. Here’s what the community needs to work on to spur the next bull market. As pointed out in a16z’s recent ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました