DAO(自律分散型組織)とは一体何か?解説します!

Web3.0

DAOとは、「自律分散型組織(Decentralized Autonomous Organization)」の略です。

ブロックチェーン上で特定のリーダーを設けずに管理・運営される組織のことを意味します。

DAO(自律分散型組織)の特徴

・管理者がいないためメンバー(参加者)同士で組織を管理する
・誰でも参加が可能
・透明性が高い(管理者の許可なく情報を参照することも可能)

従来組織との違い

従来のような会社組織は指示型組織と言われています。DAOとの違いについて解説します。

DAOは、従来の会社とは組織運営の在り方が大きく異なります。ビジネスとしての可能性はいまだ不透明ですが、起業家や投資家はその革新性に大きな期待を寄せているようです。

指示型組織とDAO(自律分散型組織)の違いは、従来の社長と社員のような関係性の指示型組織ではなく、メンバーが自立して共通の目標に向かって進んでいく分散型自律組織がDAOになります。

従来の指示型組織のモデル

基本的には社長からのトップダウンによる流れになっています。

DAO(自律分散型組織)のモデル

DAOに参加するトークン保有者は誰でもプロジェクトの運用方針に意見でき、管理者の許可なく情報を参照することも可能です。プロジェクトに改善すべき点があれば、参加者がボトムアップで提案することもできます。また、投票によって優先順位を決めて改善を重ねることもできます。全てが合議制で決まるフラットな組織というのが大きな特徴です。

DAOのデメリット

DAOのデメリットについて解説します。まず大きく3つのデメリットが考えられます。

DAOのデメリット
  • 法整備が追いついていない
  • 意思決定のスピード
  • セキュリティ

それぞれについて解説をします。

法整備

まず法整備が追いついていないのが大きなデメリットとして挙げられます。そもそもブロックチェーンの歴史が浅く、名前は知ってるけど、実際にどういったものなのか?これも分からない方も多いと思います。そのため、どのようなトラブルが発生するのかを予想して法を整備していく必要がありますが、現状ではそれが追いつていないのが問題となっています。しかし、これに関しては世界各国によって法改正の速度は異なるので世界中で法整備は課題になっていると言えます。

意思決定のスピード

次に意思決定のスピードが挙げられます。DAOは基本的にはみんなの立場がイーブンです。会社のような社長が決定を下すというものではありません。そのため意思決定者が明確にいないDAOでは、参加者で意思決定をしていきます。つまり、これは決定までのスピードはどうしても遅くなってしまうというデメリットになります。

セキュリティ

最後に挙げられるのがセキュリティ面です。DAOでは、何かトラブルがあった場合に誰が責任を取るのかが不明確です。つまり、会社の場合は何かトラブルがあったら社長が謝罪や責任を取ったりしますが、DAOの場合は誰が責任を取るのか?というのが不明瞭です。DAOの中では、金銭的な取引も含まれるのでソースコードの保守やトラブル時の責任の所在がないことはデメリットになります。

まとめ

以上、これからDAOという概念でビジネスが動いたりする事が増えると思いますが、まだまだ新しい組織形態です。問題点も多いですが、今後これが当たり前になる日が来るかもしれません。僕自身もまだまだ理解が追いつていないですが、勉強して情報を発信していこうと思います!

コメント

タイトルとURLをコピーしました