クラウドファンディングにおけるOEMに関する質問

OEM関連
product marketing manager desk. Manager holding new product and developing new marketing strategy plan for customers.

OEMについて質問させてください!という事で質問がきました!

クラファンでOEMをする際のフローは?

クラファンでOEMをする際は基本的には以下の流れで大丈夫でしょうか?

(ロゴ入れのみやタグの付け替えなどの簡易的な場合です。)

①メーカーに問い合わせ(MOQの交渉なども行い双方が同意)

②メーカーにサンプルを数個送ってもらう(ロゴなどもカスタマイズした状態)

③Makuakeに申請

④サンプルを使用してLPの制作

⑤プロジェクトが終わったら本発注

基本的なフローはこんな感じで大丈夫ですね!

Makuakeに申請するタイミングは③の順番で問題ないでしょうか?

こちらは順番はどっちでも良いですよ!最初の面談をする時にはサンプルがあったほうが良いですが、Makuakeに申請してすぐに連絡があるということもないので!

Makuakeに申請してからすぐに返事が来る事もあれば、1週間ぐらい何も返事がこない事もあります。

そして、返事が来たらすぐに面談!というわけでもないので、先に申請しても良いかと思います!

OEMの際のMOQについて

最初のサンプル発注からプロジェクト後の本発注までかなりの期間があると思うのですがその期間でMOQが変わったなどの事例はありますでしょうか?(最初の交渉では200で同意していただけたが、本発注になったら1000でしか生産できないと言われたなど)

基本的にはないですね。契約書にきちんと書いておけば良いと思います!

数個のサンプル発注の場合でもロゴ入れなどはしていただけるのでしょうか?(パッケージなどは外部のパッケージ専門のOEMの工場に依頼するつもりです。)

メーカーによると思いますが、サンプルの作成なのでしてくれると思いますよ!

日本への配送や見積もりは代行会社を通さずにアリババのコンタクト欄から連絡しても問題ないでしょうか?

こちらも問題はないと思います!

その他OEMをする上での注意点

サンプル注文は早い方が良い。

理由としては、中国の製品は正直良くない商品に出くわすことも多いです。Makuake申請を先にしてから、届いた商品が良くなかったとなると、面倒なことになります。
商品が悪いと、せっかくの応援購入者からのクレームや不良返品の対応にも追われますので、なるべく良い商品を選んだ方が良いと感じています。

画像や動画が少ない

OEMで一番大変なのは、画像や動画が少ない、あるいは無いことです。
欧米の製品はちゃんとプレゼン動画があったりして、LPの作成もスムーズなケースが多いですが、OEMは動画や画像を撮ったりまたは写真家に依頼したりその辺の準備が一番大変かなって印象です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました