ティザーサイト

コピーライティング講座

ブログライティング講座1 Google Search Console設定 (Cocoon設定)

今回からブログのライティング講座をしたいと思います。実際、ブログをする上で何を書いたら良いの?となる方が多いです。そして、始めたものの、ネタが尽きて更新が止まってしまう。そういう人が多いですね。今回のこのライティング講座では、ブログの書くネタや書き方を中心に説明していきたいと思います。
ティザーサイト

ブログ作成講座6-3 ヘッダー画像とファビコンの設定方法

今回はヘッダー画像の編集方法とファビコンの設定になります。
ティザーサイト

ブログ作成講座5-6 WP Multibyte Patchの導入方法

今回は、WP Multibyte Patchの導入になります。このプラグインは日本語利用時のバクの修正などをしてくれるプラグインです。WordPressは元々は海外、英語圏でのソフトになります。そのため、英語がベースになっています。それを日本語にしているわけですね。通常、WordPressをインストールする際には日本語のWordPressをインストールしていると思いますので、特に問題はないのですが、このWP Multibyte Patchを入れておけば、一層強化されるという事になります。
ティザーサイト

ブログ作成講座5-5 WebSub/PubSubHubbubの導入方法

今回導入するプラグインはWebSub/PubSubHubbubになります。これを導入すると、インデックスが早くなります。XML sitemapsと組み合わせると早くて2-3日でインデックスされるようになります。遅くても1週間でインデックスされます。
ティザーサイト

ブログ作成講座5-4 SiteGuard WP Plugin の導入方法

今回はSiteGuard WP Pluginの導入になります。このプラグインはセキュリティー対策用になります。特徴としては、ログインURLを改変してくれます。そうする事で、ログインURLが変わってしまうので、それだけでセキュリティーとしては高くなります。また、ログインがあると、ログインアラートとしてメールがきます。不正なアクセス対策はしっかりとしていくことが大事ですね!
ティザーサイト

ブログ作成講座5-3 Invisible reCaptchaの導入方法

今回は、 Invisible reCaptchaの導入になります。こちらのプラグインは、スパム対策のプラグインになります。スパムと思われるアクセスを侵入させる前にブロックしてくれるプラグインです。一般的にはWordPressのスパム対策プラグインには、Akismetというプラグインがあります。こちらとの比較についてまず簡単に書きますね。
ティザーサイト

ブログ作成講座6-2 WordPressテーマ cocoonで囲い枠で改行をする方法とは?

ブログを書く場合、例えばポイントとかを囲み枠で作成すると見易いですよね。今回は、囲み枠の作り方を説明します。そして、意外と改行ができないという人もいるので、改行の方法も説明したいと思います。
ティザーサイト

ブログ作成講座5-7 おすすめ関連記事(リンクカード: Pz-LinkCard )の導入方法

WordPressのプラグインの導入方法はこちらの記事を参考にしてください。リンクという感じになると思うのですが、このリンクをただリンクだけ書いておくと少し殺伐とした感じというか、あまりかっこよくないですよね。そこで、今回紹介するPz-LinkCardを使うと、スタイリッシュな感じで参考記事などを紹介できます。
ティザーサイト

ブログ作成講座5-2 Google XML Sitemapsの導入方法

今回はGoogle XML Sitemapsの作成になりす。このプラグインは、Googleにサイトの構造を知らせてくれるプラグインになります。このプラグインを設定することで、インデックスされるスピードが速くなります。インデックスというのは、記事を公開しました。そうして、その記事が実際に検索結果にすぐに反映されるのか?と言っても、すぐに反映されるわけではないんですね。この検索結果に反映される事をインデックスと言いますが、このスピードが速くなるというわけです。なので、もしすぐに伝えたいという記事に関しては、このインデックスされるスピードがけっこう大切になる。という事になります。
ティザーサイト

ブログ作成講座3-6 httpをhttpsに切り替える方法

今回はブログのURLをhttpからhttpsに切り替える方法について説明したいと思います。まず、切り替える方法をエックスサーバーで説明します。そして、なぜ切り替える必要があるのか?こちらを次に説明しますね。
タイトルとURLをコピーしました